甲状腺の病気の症状|体の異常を感じたら病院に受診しよう

声の異常を調べる検査

病院

咽頭がんは喉に発生するガンのことです。声がれや呼吸困難を伴うことが特徴で、悪化すると声に変化が現れます。特に喫煙や飲酒をしている五十代以降の男性に多く見られる病気なので、異変を感じたらすぐに検査に行きましょう。

Read More

失敗例の少ない手術

マスクをした男女

飲酒の習慣がある人は肝臓がんを発症するリスクが高くなります。ガンを発症すると血圧低下などで命を落とす場合がありますが、適切に治療を受ければ治る可能性が高いのです。外科手術で腫瘍を取り除けば再発もなくなるでしょう。

Read More

気づきにくい症状

女性

甲状腺は喉の下の方にある楕円形の器官です。食材に含まれているヨウ素を使ってホルモンを生成する働きをしています。また、吸収されたタンパク質や炭水化物などをエネルギーに変えるために新陳代謝を促す作用もあります。ホルモンの分泌を司る甲状腺に異常をきたすと治療が難しい病気を発症する可能性があります。
甲状腺の病気はホルモンの異常分泌による病気と腫瘍の病気に分けられます。よく知られている病気としては、バセドウ病や橋本病などが挙げられます。甲状腺の病気にかかると、食欲はないのに太ってきたり、眼球が突出してきたり、突発的に動悸が起こったりします。他にも甲状腺の病気による症状はいくつかあるので、ネットで簡単なチェックを行うと良いでしょう。甲状腺の病気は痛みなどの症状がない場合がほとんどで、仮に体に異変を感じても甲状腺の異常が原因だとは思わないのです。中には精神の不安定や疲労感、汗が出やすくなるなど更年期障害と似た症状がでるので、間違った診断を受けている可能性もあります。一度発症すると治すことが困難なので、発症しないための対策を事前に行ないましょう。
甲状腺を守るためにはストレスと溜めないことが一番です。ストレスが溜まるとホルモンバランスが乱れ、甲状腺がうまく機能しなくなるのです。そのため心身ともに負担がかからないような規則正しい生活を心がけましょう。そして、免疫力を高めるために適度な運動も取り入れ、必要があれば免疫力アップに効果があるサプリなどを摂取しましょう。

発症率の低いがん

診察室

十二指腸がんは消化器官のがんの中では発症率が低い病気です。初期症状もほとんどないために末期になるまで気付けない場合もあるのです。治療は基本的に外科手術や放射線治療が中心に行なわれていきます。

Read More